経営指針書やクレド等を作って、スタッフに実践してもらおうにも、浸透しないということを聞いたことがあります。

わたしも、これはどうすれば良いのかと長い間疑問だったのですが、解決の糸口がわかりました。

スタッフに経営指針書に従ってもらう前に、経営者とスタッフの間に、信頼関係が出来てないとダメみたいです。

 

考えてみたら当然の話ですね。

では、信頼関係を気づくにはどうすればいいのかと言うと、Good&Newがいいみたいです。

Good&Newは、朝礼時などに、みんなで一つずつ、良かったこと、または、新しい出来事を発表し合いっこします。これをするだけで、社内の関係が良くなそうです。

この方法は、元は、アメリカの荒れた学校を立て直すために使われたもので、短期で成果が出たそうなので、簡単ですし、一つ試してみてはどうでしょうか。

弊社で試したみたところ、和気あいあいとした雰囲気になり良さげでした。