民法に境界標の設置に関する条文がありますので、ご紹介します。

民法223条 境界標の設置

「土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用で、境界標を設けることができる。」

この条文では、隣接の地主と折半で境界標設置することが「できる」とあります。

これは義務ではなく努力目標的なものなので、折半で設置しなくてもいいです。

通例、不動産取引では、設置したい人が、境界標の設置義務を負います。