私の好きなテレビ番組である
ほんまでっかTVで、心理学者の植木
さんが良いこと言ってました。
「相手の人格だけでなく、置かれた
状況まで考慮にいれる。」

どういうことかというと、
例えば、自分はなにもしてないのに
親が不機嫌で自分に当たってきたら、
八つ当たりされた方はたまったもの
ではありませんよね。

そんなとき「うちの親は気分屋だから」
と、私も含めその人の人格に原因を
持っていきがちです。
そこで、その人の置かれた状況まで
想像すると、人格否定に繋がらず
納得できることがあると、
心理学者の
植木さんが言ってました。

上の例だと、親の置かれた状況を考え、
「親は最近忙しいから、不機嫌なんだな」
と思います。こうすると、
人格否定になりにくいですよね。

これは良い考えだと思いました。
ただ、どんな理不尽なことでも、
すべて理解したいとは思いませんが、
こう考えることによって、自分の
ストレスも減る気がします。

わたしは、乱暴な運転してる人見ると
「子どもがもうすぐ産まれそうなんだな」
と思ったりもします。