自分の敷地や隣の建物が解体工事
する時には、境界杭がなくなって
しまう事が多いので、注意が必要
です。

解体工事は、境界杭付近の土を
掘り返すことが多く、その場合は
境界の杭もいっしょに掘り起こされて
しまいます。

そうすると、土地の境がどこか
わかりにくくなってしまいます。

ですので、解体工事する時には、
工事業者が挨拶に来た際に、杭を
飛ばしたら復旧しておくように
お願いしておくと良いです。

また、杭の写真を撮っておくと、
杭があったことの証拠なりますし、
測量したことないなら、
測量しておくと資料がしっかり
残りますので、安心です。