みなさんごきげんよー、岡崎市の土地家屋調査士 鈴木伸幸です。
土地家屋調査士の仕事は、法務局によく行きます。地図、地積測量図や登記情報を調べたり、登記の申請をします。
最近の、法務局は変革を迎えております。法務局は役所ですが、事務の一部を民間に委託してます。
委託当初は、事務手続きが遅かったんですが、最近は少し早くなったと思います。
少し前に、急ぎの登記申請があったので、以前やってたとおり「急ぎ」ということで法務局にお願いして申請しました。
ところが、法務局の担当の方から「急ぎで処理するとミスが出ちゃますし、他の方も急いで欲しい人ばかりなので、これからは「急ぎ」というのは、やめてくださいね」とのことでした。
この「急ぎ」ができないってことはけっこう重要なことで、事件を受託するときにはお客さんに説明しなくてはいけないです。やはり、急いでやって欲しい方が多いんですね。
法務局の言ってることも理解できるので、今後気をつけていきたいです。