岡崎市で土地家屋調査士の事務所をやっております、登記測量の城北事務所の鈴木伸幸です。

さて、相続と境界確定測量の話です。相続税は、相続開始の日(死亡した日)の翌日から10ヶ月以内に原則納めなければいけません。ここで、財産として不動産はあるけど現金がない場合、不動産を税務署へ納入するか、売って現金にしてから、相続税を納入しなければいけません。このどちらの場合でも、通常、境界確定測量が必要です。

境界確定測量の処理期間は、通常1月半前後掛かりますが、隣接地の所有者と立ち会えないなど(隣接地の方が遠方にお住まいで現場立会に出席できない、理由はわからないけど立ち会ってくれない、越境構造物があり解消に時間が掛かるなど)により、処理期間が延びることがあります。そうすると、相続税支払期限を超過してしまう心配が出てきます。

ということで、予め境界確定測量をして、土地の境界に杭を埋設し、隣接地主に境界承諾書をもらい、地積更正登記までしておくことをオススメします。ここまでやっておけば、不動産の売却や税務署への物納は、スムーズに出来ます。