岡崎市で土地家屋調査士の事務所をやっております、登記測量の城北事務所の鈴木伸幸です。

 今回は土地の評価を下げて税金を安くする方法です。一つの敷地の中に、自宅、アパート、駐車場、貸し地、貸し家といろいろな用途で利用している場合、利用地ごとの地形や面積を出すと不整形地ができます。不整形地は土地の評価が低いので、測量して、この利用区分図を作ることにより、土地の評価額を下げることが出来ます。なお、この場合、分筆は不要です。