岡崎市で土地家屋調査士の事務所をやっております、登記測量の城北事務所の鈴木伸幸です。 

 角地(かどち)は土地の評価が高いので、下記のように土地を分筆して角地の面積を減らすことにより、土地全体の評価額を下げることが出来ます。この方法は、土地所有者が亡くなる前に分筆して、生前贈与や相続時精算制度などにより所有権を移転していくことによっても活用できます。