岡崎市で土地家屋調査士の事務所をやっております、登記測量の城北事務所の鈴木伸幸です。

建物敷地内の一部が、家庭菜園になっている場合、その土地は全体として登記上「宅地」として扱われます。この場合、登記上は全体として宅地ですが、家庭菜園の場所と建物敷地の場所を測量して、敷地利用図を作り税務署へ申請すると、土地の評価が下がる場合があります→土地の評価を下げて節税するには

ただし、建物敷地と家庭菜園の土地が二筆に分かれており、フェンスやブロックで仕切られている場合は、家庭菜園の土地は、登記上「畑」になりますのでご注意ください→地目変更登記